将棋タイトル戦の宿 [たくさん宿]

こだわりの宿検索 たくさん宿

将棋タイトル戦 対局の宿

第95期ヒューリック杯棋聖戦 対局の宿(2024年) 6月6日からはじまる第95期ヒューリック杯棋聖戦は千葉県、龍宮城スパホテル三日月から始まります。今年の挑戦者は山崎八段。2009年の王座戦挑戦以来2度目のタイトル戦登場となります。藤井棋聖にとっては「永世棋聖」がかかる番勝負となります。
第9期叡王戦 対局の宿(2024年) 藤井叡王に挑戦するのはタイトル戦3度目の挑戦となる伊藤匠七段。またも同学年対決となりました。持ち時間のすくない叡王戦、タイムマネジメントが要となることでしょう。
第82期名人戦 対局の宿(2024年) 今期の挑戦者はA級順位戦を7勝2敗で抜けてきた豊島九段に決まりました。豊島九段とは2022年の第63期お~いお茶杯王位戦以来のタイトル戦の対局となります。藤井聡太名人の名人初防衛なるか、豊島将之九段が再び名人になるか楽しみな番勝負です。
第49期棋王戦コナミグループ杯 対局の宿(2024年) 第49期棋王戦コナミグループ杯は竜王戦に引き続き伊藤匠七段の挑戦となりました。タイトル戦19連勝中と向かうところ敵なしといった藤井聡太棋王に伊藤匠七段がどういった研究をぶつけてくるのか楽しみな番勝負です。
第73期ALSOK杯王将戦 対局の宿(2024年) 第73期ALSOK杯王将戦は王将リーグを5勝1敗で勝ち抜き挑戦権を獲得した菅井竜也八段と藤井聡太王将との対局となりました。叡王戦にも挑戦された菅井竜也八段。その時は1勝三敗で敗れてしまいましたが、どの対局も藤井王将を追いつめていた印象です。今度こそと雪辱に燃えていることでしょう。
第35期竜王戦 対局の宿(2023年) 第36期竜王戦の挑戦者は5組優勝の伊藤匠七段、タイトル戦初挑戦です。伊藤匠七段は第1局では20歳、藤井竜王21歳。二人の年齢を足すと41歳となりタイトル戦史上最も若い組合せとなりました。
第71期王座戦 対局の宿(2023年) 王座4期めをめざす永瀬拓矢王座が藤井聡太竜王・名人を迎えうつ第71期王座戦。振り駒の結果、藤井聡太竜王・名人の先手で第1局めがはじまりました。
第64期伊藤園お~いお茶杯王位戦 対局の宿(2023年) 藤井王位は5月から行われた名人戦を奪取し現在7冠。第64期伊藤園お~いお茶杯王位戦はヒューリック杯棋聖戦に続き佐々木大地七段を挑戦者に迎えてのタイトル戦となりました。
第94期ヒューリック杯棋聖戦 対局の宿(2023年) 6月5日からはじまる第94期ヒューリック杯棋聖戦はベトナム、ダナン三日月から始まります。2019年に台湾で行われた叡王戦以来、4年ぶりの海外対局です。 藤井棋聖(3期連続)にとっては初の海外対局そして初の海外旅行となります。
第8期叡王戦 対局の宿(2023年) 3月、棋王戦に勝利し六冠となった藤井聡太叡王。その藤井叡王に今回挑戦するのは菅井竜也八段、前回の挑戦者出口若武六段と同じ井上慶太門下の棋士です。菅井八段は振り飛車党で、藤井叡王は振り飛車党の棋士にタイトル戦であたるのは初めてとなります。
第81期名人戦 対局の宿(2023年) 藤井聡太竜王が四段になられた日から多くの方々がこの日のくるのを楽しみにしてきました。名人戦への挑戦です。今期もホテル椿山荘東京から名人戦が開幕します。
第48期棋王戦コナミグループ杯 対局の宿(2023年) 渡辺明棋王が藤井聡太竜王を迎えうつ第48期棋王戦コナミグループ杯。渡辺明棋王は現在、棋王戦連続10期を獲得中ということで最も得意とする棋戦ということになるでしょう。
第72期ALSOK杯王将戦 対局の宿(2023年) 第72期ALSOK杯王将戦は王将リーグを全勝で勝ち抜き挑戦権を獲得した羽生善治九段と藤井聡太王将との将棋ファンが待ちに待った対局となりました。羽生九段はタイトル通算があと1つで100期となるということもあり注目度は今まで以上です。将棋星人と言われるお二人のタイトル戦での棋譜はどんなものになるのか。2023年は新年から目が離せません。
第35期竜王戦 対局の宿(2022年) 藤井聡太竜王の初防衛がかかる第35期竜王戦。挑戦者は2組優勝の広瀬章人八段となりました。黒星がつかないまま竜王を奪取した昨年。今年もどんな対局になるのかと楽しみです。
第70期王座戦 対局の宿(2022年) 王座4期めをめざす永瀬拓矢王座が豊島将之九段を迎えうつ第70期王座戦。振り駒の結果、豊島将之九段で第1局めがはじまりました。
第63期お~いお茶杯王位戦 対局の宿(2022年) すでに5冠となった藤井聡太王位だが、気づけば王位戦も今回3期め。今年も昨年同様に豊島九段を挑戦者に迎えてのタイトル戦となりました。
第93期ヒューリック杯棋聖戦 対局の宿(2022年) 早くも3期目をめざす藤井棋聖に対して今年は永瀬拓矢王座が挑戦者となりました
第7期叡王戦 対局の宿(2022年) 昨年、叡王を奪取した藤井聡太叡王はその後竜王、王将も奪取し、現在五冠。挑戦する出口若武六段は4月28日に27歳になった若手です。藤井叡王はご自身より棋士番号の若い方とタイトル戦であたるのは初めてとなります。
第80期名人戦 対局の宿(2022年) 昨年に引き続き挑戦者となったのは斎藤慎太郎八段。挑戦者を決めるA級順位戦では8勝1敗と圧倒的な勝星で本年も挑戦権をものにしました。昨年は名人の4勝1敗で、名人が初の防衛に成功。斎藤慎太郎八段は昨年の雪辱を果たすことができるでしょうか。
第71期ALSOK杯王将戦 対局の宿(2022年) 渡辺明王将が藤井聡太竜王を迎えうつ第71期ALSOK杯王将戦。渡辺王将は現在タイトル3冠を保持、対する藤井聡太竜王は現在タイトル4冠と頂上決戦となりました。お二人が対局した過去のタイトル戦は1日制のタイトル戦でしたが、今回は2日制。封じ手も含めどんな対局になるか楽しみです。
第34期竜王戦 対局の宿(2021年) 竜王戦のランキング戦を初参戦の6組から毎年優勝し昇級してきた藤井王位・棋聖。今年は2組で優勝した後、決勝トーナメントで永瀬王座との挑戦者決定三番勝負を2勝0敗と勝ち抜き、いよいよ竜王戦の挑戦者となりました。
第69期王座戦 対局の宿(2021年) 王座3期めをめざす永瀬拓矢王座が木村一基九段を迎えうつ第69期王座戦。振り駒の結果、先手永瀬拓矢王座で第1局めがはじまりました。
第6期叡王戦 対局の宿(2021年) 現在行われているお~いお茶杯王位戦は藤井聡太王位に豊島将之竜王(叡王)が挑戦するというものですが、今度は藤井聡太王位・棋聖が豊島将之叡王に挑戦するという図になりました。
第62期お~いお茶杯王位戦 対局の宿(2021年) 昨年 藤井聡太七段(途中で棋聖になられました)が木村王位から4勝0敗で奪取した王位戦。今年は 通算成績8割超えの藤井二冠が少々苦手とする豊島竜王を挑戦者として迎えてのタイトル戦となりました。
第92期ヒューリック杯棋聖戦 対局の宿(2021年) 昨年渡辺名人から棋聖を奪取した藤井棋聖。今年はその渡辺名人が挑戦者となりました。
第79期名人戦 対局の宿(2021年) 渡辺名人がタイトル防衛なるか斎藤慎太郎八段がA級初参加で挑戦者になった勢いで奪取するか
第61期王位戦 対局の宿(2020年) こんなに早く愛知県でのタイトル戦が見られるとは・・・地元藤井七段が木村一基王位に挑戦
第67期王座戦 対局の宿(2019年) 王座戦は67期のうち羽生善治九段が24期をもつという羽生九段が得意とする棋戦です。...
第60期王位戦 対局の宿(2019年) 8月13日から始まった王位戦は第7局までもつれ、またその間に...
第76期名人戦 対局の宿(2018年) 佐藤天彦名人が羽生善治竜王を迎えうつ第76期名人戦...
第30期竜王戦 対局の宿(2017年) 2017年は藤井四段にヒフミンと今までにないほど将棋の話題にあふれておりました。...